自然にやれば、嫌らしい、とは言われない。女たちは、けっして触

自然にやれば、嫌らしい、とは言われない。女たちは、けっして触られるのは何がなんでも嫌、とは言っていない。すぐに触るから嫌、と言っているのは、あれはうまく触らないから嫌、と言ってるだけだ。では、女はどういうふうに触られると喜ぶかといえば、肩を抱く、というのがひとつある。歩いていたらふいに車が現われたというような時、とっさに肩を抱いてもらうと、この人は危険かぬ〈ら私を守ってくれたという信頼感が湧いてくると同時に、肩にかかった手の温もりがジワッと全ひじあい目に遭うからだ。モテまくるには、才能と努力が必要だが、ちょいとモテるためのコツみたいなものを、ひとつふたつ覚えるのは、そんなにアプリ 出会い系 を使えば面倒なことではないだろう。私に言わせれば実に簡単、モテるにはただひとつ、相手を喜ばせること、もう、この一言に尽きる。「しかし」と、モテたことのない男は言うだろう。「どうやったら喜ぶのか分からない」と。分からないのなら、努力するしかない。女をよくよく観察して、いったいどう扱われると喜ぶか、じっくり研究するのである。女になった気でやる。これは学習である。女になるなんて、そんな女々しいレベルまで自分を引き下げるのは嫌だ、なんて言っていてはモテない。モテることこつぜんもテニスやギター同様、学習あるのみだと忽然と悟らなければ、モテの技術は習得できない。技む術の習得に自尊心なんて邪魔なだけ。裸になって無になってかからなければモノにはならない。ただし、テニスやギタ同様、モテにも才能というものが関係してくる。モテの才能とは、女を見たとたん、その女が何に喜ぶか瞬間的に察知できる能力だ。そしてこの才能もほかと同じく、女が好きなら一層磨かれる。しかし、そういう才能に頼れない場合は、ただただ努力するしかないのである。第九章か危険なオスの匂い。の漂う男||徹底して賛肉を殺ぎ落とした内田裕也の存在感’-・・・・・・・・園田’存在感だけで女が参ってしまう男七0年代初め、経営していた青山ロプロイを軸に、私は音楽的な試みをいくつかやりだした。店に出ているミュージシャンで、これはと思うグループのコンサートを企画したり、プロデュースをしたり、というようなことだ。また、原宿に友人たちと音楽事務所を持ち、ジャズだけでなくロクも手掛けだした。なぜロックにまで手をひろげたかというと、当時の音楽の流れがそうなっていたからである。